債務整理を行う際には弁護士や司法書士を検索して無料相談をしよう!

借金問題で悩んでいる方は弁護士や司法書士を検索して金銭的な悩みを
解決する事が可能です。

本サイトでは債務整理を行う際に気を付けたい事、
自己破産、任意整理、特定調停、そして個人再生について解説をしています。

自分に合った弁護士を検索する前にまずは債務整理の基本を知ろう!

特定調停とは合法的に借金を整理する債務整理の一つです。

債務整理には特定調停のほかに、任意整理、個人再生、自己破産などの方法があります。

困窮の度合いで見ると、任意整理に次ぐ二番目に位置する方法であり、更に困窮度合いが増して解決が困難な場合は、個人再生や自己破産等の方法を選択されます。

任意整理が裁判所を介さずに進められるのに対し、特定調停は簡易裁判所に申し立てを行って進められます。

特定調停の申し立てができるのは、特定債務者に当たる方です。

特定債務者とは金銭債務を負い、それによって経済的破綻をきたす恐れのある人が該当します。

債務整理の内容自体は任意整理とよく似ています。

特定調停の申し立てが受理されると、簡易裁判所の下で調停委員会が債権者と債務者の仲介に入って和解協議が行われます。

和解協議では債権整理の条件について話し合われ、債務者と債権者両者が調停案に同意すれば調停が成立し、裁判所から調停調書が発行されます。

特定調停では調停成立後に残った債務を3年以内に返済しなければなりません。

調停調書は裁判の判決と同様の法的効力を持っています。

調停後に返済が滞るようなことが起きた場合、調停調書に基づいて財産の差し押さえなどが行われる場合もあります。

次に具体的な債権整理の中身を見てみましょう。

特定調停では利息制限法に則って債務が再計算され、それによって算出された差額が「過払い金」として返って来ます。

これによって残っている債務から過払い金分が相殺され、債務を減らす事ができます。

利息制限法では、10万円未満の債務なら20%、100万円未満なら18%、100万円以上なら15%と定められていますが、多くの金融業者では「出資法」と言う法律を基準に利息を設定しています。

出資法での利息の上限は29.2%と定められており、利息制限法で定められている利息よりも多くの利息をかけられている場合が多く、ここで生じた差額が過払い金として精算されるのです。

精算後、残った債務については3年を目処に返済の計画を立て、債務返済の負担を大きく減らすことができます。

このように特定調停は主に利息制限法に基づいて債務を整理する方法であり、債務そのものを無くすものではありません。

そのため収入がなく、返済の目処が立たない場合は特定調停を進めることはできなくなります。

特定調停は専門知識が無くても申し立てが行えるため、弁護士や司法書士などの専門家に支払うお金がない人でも利用しやすい方法となっています。

非常に心強い方法ですが、信用機関のブラックリストに名前が載ってしまうと言うデメリットは避けられません。

これにより7年から10年程度、金融機関による融資を受けることができなくなります。

債務整理は新著に行うべきである!専門家の見解

債務整理は慎重に行っていく事が大変重要です。最近では大変多くの方が自分の債務整理を行っています。

リストラや急激な会社の倒産もそうですがやはり多くの方は浪費やギャンブル等の射幸性の高い遊興で自分の資産を大幅に減らしてしまし、多重債務となる場合が大変多いようです。

多重債務は多くの方にとって大変重要な問題です。毎月の金利だけで膨大な支払いが発生する場合が多いので慎重に借り入れや返済を行っていきましょう。

自分の資産は自分で守っていく事が大変重要です。万が一多寿債務に陥りそうな場合や多重債務となった場合は早急に専門家である司法書士や弁護士に相談を行っていきましょう。
債務整理は債務超過に陥った理由や金額、その時の財産の所有状況によって大きく異なってきます。自分の現状を早めに理解して失敗と後悔の少ない債務整理を行っていきましょう。
住宅ローンの有無等でも大きく異なってきます。自分の素敵な財産を自分で守っていく事が大変重要です。
自己破産は債務の全てが帳消しになり手元に財産も残せます。多くの方が取りたいと考えている選択肢ですが、
債務者の多くが自己破産を選択できるとは限りません。自分の債務の状況等を鑑みて場合によっては
自己破産を選択できない場合も沢山あるので、きちんとした知識を保つ必要があります。

ギャンブルや投資の失敗等は免責の不許可事由となりますので、そのような事が原因で債務超過となった場合は別の手段を選択する事となります。

またマンションは住宅等を所有する方は自己破産によってそれも没収されます。このようなデメリットを嫌う方は別の選択肢を選んでいきましょう。
債務が大幅に減額される代わりに住宅などは手放さくても良い方法も存在します。
これはギャンブル好きが講じて債務超過になった方でも選択可能な方法です。

自分の好きな選択肢を選んで今後の人生をいかに早急にやり直していくかが大変重要です。

多くの方は金銭に関するナイーブな問題は人に相談する事を好んでいません。
しかし、一人でくよくよ悩んでいても事態の解決ははかれません。早急にきちんと専門家に相談を行っていく事が大変重要です。

最近では無料の法律相談等も行われていますので、それを活用して後悔と失敗の少ない方法を早急に模索していくべきです。
自己破産を行っても会社に自分から口外しなければ知れる事はあまりありません。

金融機関からの借り入れやローンが数年の間組めなくなる等のデメリットは存在しますが、
それを除けばそれ程多くのデメリットは存在しませんのでむしろ普段と同じ生活が遅れると考えていって下さい。

債務整理は多くの方が相談に訪れます。恥ずかしがらずに自分の抱える問題を専門家に相談を行っていく事が大変重要です。

自分でできる事もありますがチャンスは一度切りです。是非、後悔のないように専門家に任せて安心して普段の生活を行っていきましょう。

債務に関する問題は現代のような不透明な時代においては大変重要な問題です。

自分の素敵な資産を大切に守っていくためにもお金に関する適切な感覚を持つ事が大変重要です。
普段から堅実な生活を行っていけばそれ程簡単に債務超過になる事はありません。
自分の収入に見合った生活を行っていく事が大変重要です。是非、素敵な資産運用を行っていきましょう。
毎日の生活の中で頑張って節約を行っていくことが大変重要です。
債務債務で大幅に減額された場合は、それからの数年間で返済を行っていく事となります。

自分の資産をどんどん楽しんで増やしていく事も大切ですが、大切な資産をいかに毀損させないかが大変重要です。

資産運用は投資にあたらないと考える方も大変多いですが、株式投資やFX等の損失も自己破産の免責の要因とはなりません。

この点を知らずに投資を行なう方も大変多いです。是非、失敗しないように資産管理はきちんと行っていきましょう。

自己破産は減速して人生で一度しかできません。きちんと反省を行って破産を行った後は
堅実な生活を行って同じような事が起こらないように慎重に自分の資産を管理していきましょう。

多くの方に迷惑をかけているという認識をきちんともって堅実な生活を行っていく事が大変重要です。
楽しい時間は誰もがもちたいと当然考えますが、自分の収入に見合った生活を行っていく事が大変重要ですので、
自分の資産をきちんと管理していきましょう。

また破産に関しても自分できちんとした知識を保有して万が一自分が自己破産に陥りそうな時は、
早めに専門家に相談を行っていく事が大変重要です。自分らしい楽しみを保つ事はどなたにとっても大変重要ですが、
やはり、多くの方と同様にきちんとした自己責任に基づいて遊んでいく事が大変重要です。

きちんとした金銭感覚を持つ事が大変重要な事です。金銭に関する問題は大変ナイーブですが、悩むよりはまずは相談する事が大切です。

参考サイト 【最新版】債務整理の影響が気になる方へ|債務整理デメリット.JP